日本の新しいカジノリゾートに課せられる4つの最低限の要

7月に可決された新しいカジノ法案は、世界中のカジノ業界に大きな動揺を与えています。世界中のカジノ運営企業がこのチャンスをものにしようと躍起になっていますが、いくつか但し書きがあります。

この但し書きは、カジノリゾートの運営を円滑にし、新しい法律に則るものにするためのものです。この記事では、複合カジノリゾートに課せられる最低限の要件が何かを紹介します。

ゲストルーム

新法案の元では、複合リゾートに100,000平米以上のゲストルームを設け、それを最大のエリアとする必要があります。

広告

カジノ運営元がリゾートの広告を出すことは禁止されています。法律で許されてる唯一の広告手段は、国際空港およびクルーズ船のターミナルにおける広告です。

カジノフロア

カジノフロアはリゾート全体の面積の3%以内でなければいけません。これは、ギャンブルが法律およびカジノ運営元により適切にコントロールできるようにするためのものです。

取引について

カジノエリアで行われる9,080ドル以上の取引は、その場で国に申告する必要があると法律で定められています。カジノ運営者は法律に忠実に従うことを推奨されています。

第一のリゾートは2025年にオープンする予定ですが、日が昇る国日本ではすでに興奮が冷めやらぬ雰囲気です。カジノ運営者が法律にきちんと従えば、多方面で利益が期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*