日本の新しいカジノリゾートに課せられる4つの最低限の要

7月に可決された新しいカジノ法案は、世界中のカジノ業界に大きな動揺を与えています。世界中のカジノ運営企業がこのチャンスをものにしようと躍起になっていますが、いくつか但し書きがあります。

この但し書きは、カジノリゾートの運営を円滑にし、新しい法律に則るものにするためのものです。この記事では、複合カジノリゾートに課せられる最低限の要件が何かを紹介します。

ゲストルーム

新法案の元では、複合リゾートに100,000平米以上のゲストルームを設け、それを最大のエリアとする必要があります。

広告

カジノ運営元がリゾートの広告を出すことは禁止されています。法律で許されてる唯一の広告手段は、国際空港およびクルーズ船のターミナルにおける広告です。

カジノフロア

カジノフロアはリゾート全体の面積の3%以内でなければいけません。これは、ギャンブルが法律およびカジノ運営元により適切にコントロールできるようにするためのものです。

取引について

カジノエリアで行われる9,080ドル以上の取引は、その場で国に申告する必要があると法律で定められています。カジノ運営者は法律に忠実に従うことを推奨されています。

第一のリゾートは2025年にオープンする予定ですが、日が昇る国日本ではすでに興奮が冷めやらぬ雰囲気です。カジノ運営者が法律にきちんと従えば、多方面で利益が期待できるでしょう。

日本の合法カジノリゾートで得られる4つの大きな恩恵

注目の画像4 合法化されたカジノリゾート 日本の偉大な利点 - 日本の合法カジノリゾートで得られる4つの大きな恩恵

日本の新しいカジノ法案は激しい動乱を巻き起こしており、賛否両論になっています。ギャンブル中毒という問題が現実のものになる可能性はあるものの、期待されるメリットはたくさんあります。

3つのリゾートがオープンすれば、日本はいくつかの恩恵を受けることができると考えられます。それをここで見てみましょう。

新しい雇用が生まれる

画像4合法化されたカジノリゾート 日本のそれが創り出す 地元の人のための仕事を創出する 300x154 - 日本の合法カジノリゾートで得られる4つの大きな恩恵

建設が終わったら仕事がなくなってしまう建設作業員のことではありません。カジノリゾートでは、カジノフロアで働く十分な数のスタッフ、ゲストをもてなす人、ほかにもたくさんの人員を必要としています。

複合リゾートは間違いなく日本に雇用をもたらし、安定した仕事をうみだすことでしょう。

経済が加速する

画像4 合法化されたカジノリゾート 日本の経済 経済性が向上 300x154 - 日本の合法カジノリゾートで得られる4つの大きな恩恵

想像に容易だと思いますが、国会にとって何かメリットがあるからこそ、リゾートの建設が合法となったわけです。カジノ運営元は高い税金を支払うことを義務付けられ、それはもちろん、国に行くわけです。

つまり、経済が瞬時に加速し、それが日本の人口増加につながる可能性があることを意味します。

観光業に追い風が吹く

画像4 合法化されたカジノリゾート 日本 日本でのポジティブインパクトオンツーリズム 300x154 - 日本の合法カジノリゾートで得られる4つの大きな恩恵

これらのリゾートは、何百万もの外国人観光客を呼び込むだろうと言われています。大事なことは観光客をこのリゾートに引き込むことですが、それは恩恵の一つにすぎません。外国人観光客はギャンブルだけではなく、滞在中にほかの場所でもお金を落としてくれます。

つまり、日本に外貨が流入し、その波及効果で経済が加速するということです。

違法なギャンブルが減る

画像4 合法化されたカジノリゾート 日本 減少 違法賭博 300x154 - 日本の合法カジノリゾートで得られる4つの大きな恩恵

カジノや賭博行為を合法とすれば、違法賭博の数が減るのではないかという議論はよくなされています。多くの地下賭博が今でもなされていると思われますが、賭博行為を合法とすることで、地下世界のカジノを運営不能にすることができます。

日本人も外国人観光客も、法を犯すような心配をすることなく、ギャンブルを合法的に楽しむことができます。

日本でカジノを合法にすることを好意的にとらえようが否定的にとらえようが、メリットがあることはゆるぎない事実です。このことについても投稿をしていきます。

日本の新しいカジノ法案に関する5つの事実

注目の画像5ファクトアバウト新しいカジノレギンスインジャパン - 日本の新しいカジノ法案に関する5つの事実

つい最近まで、カジノは日本で違法でした。ゲームに関する優れた実績があるにもかかわらず、ギャンブルはいつの時代にも違法なものであるとみなされてきました。

そして、この厳しい規制を見直すことで日本の経済を成長させることができるだろうと、議論がなされています。長い間議論がなされて、昨年新しい法案が可決されました。

日本のカジノ法案に関して、知っておくべき重要な事実は以下のようになります。

複合カジノリゾート

投稿画像5 事実 新カジノ法 日本 統合 カジノ リゾート。 - 日本の新しいカジノ法案に関する5つの事実

日本国内でカジノを運営することは、違法でありよくないこととされていますが、新しいカジノ法案のもとでは、複合リゾートの運営は可能になります。どういう意味か、それは、この法律の枠組みの中では、リゾートの総面積の3%以内のフロアスペースでカジノの運営が許されるという意味です。

新法案では、外国人観光客は無料でカジノリゾートに入場できるものの、日本人には入場料が課せられることになっています。これは、ギャンブルでの問題が起きないようにするためのものです。

カジノリゾートの場所

画像5 事実 新カジノ法 日本のリゾート地 リゾートの所在地 - 日本の新しいカジノ法案に関する5つの事実

複合カジノリゾート運営のライセンスは3か所にのみ与えられ、日本各地の都市が興味を示しています。一番初めに建設されると考えられている場所は人工島の夢の島です。

苫小牧、東京、横浜、和歌山、佐世保なども興味を示しています。ライセンスは3年有効であり、その後は5年ごとに更新する必要があります。

日本の産業の再活性化

投稿画像5事実について 新カジノ法 日本 日本 活性化産業 - 日本の新しいカジノ法案に関する5つの事実

カジノ産業が加速されるかどうかを疑問視する人もいますが、答えは統計の中にあります。日本は外国人観光客を招致し続けており、観光客の数は毎年13%ずつ増加しています。

日本はカジノリゾートでギャンブル業界を再活性化させることが可能であると考え、運営元を探しています。多くの外国人観光客が訪日する中で、新しい複合リゾートは国に莫大な収益をもたらすと予測されています。

主要となる運営元

投稿画像5 事実 新カジノ法 日本 主要 ロールプレーヤー - 日本の新しいカジノ法案に関する5つの事実

世界中のカジノ運営企業がチャンスをものにしようとしており、日本に進出することに既に関心を示しています。ラスベガスの大手カジノ運営企業の中には、複合リゾートのうちの一つにて、一番乗りで出店する話をしているところもあります。

しかし、日系企業が仲間外れにされているわけではありません。セガサミーホールディングスはコナミホールディングスと一体になって、共同でプロジェクトをスタートさせる意向を明言しています。

ターゲット市場

投稿画像5事実 新カジノ法 日本 ターゲット市場 - 日本の新しいカジノ法案に関する5つの事実

目的は外国人観光客を招致することですが、リゾートに来る人の大半は日本人になるという見解を示す人もいます。もちろん、これが法案に反対する人がいる理由となっています。

外国人観光客が新しい複合リゾートの主たるターゲットであり、国はリゾートに課せられる税金による税収の増加を期待しています。実際どうなるのかは蓋を開いてみないとわかりませんし、誰が訪れるのかもわかりません。

新しい法案は多方面に動乱を引き起こすものです。現行のギャンブル法よりもできることが多くなり、日本人も実店舗で賭けに参加することができるようになります。